ハクビシン駆除で大切なこと|追い出す方法から業者選びまで

被害の実態とは

害獣

害獣として知られているハクビシンですが、どういう被害が多いのでしょうか。まずは、ハクビシンは夜行性の動物なので、主に夜中に行動をします。人間とは生活サイクルが逆なので、一般的に人間が眠る時間帯に活発に動き回るのです。そのため、ハクビシンの動く音がうるさくて眠れず、慢性的な睡眠不足に悩むことになる人が多いといいます。騒音問題だけではなく、匂いの問題も深刻です。ハクビシンの糞尿はかなり匂いがキツイといわれています。そのため、ハクビシン駆除が遅くなると、糞尿の匂いが染み付いてしまうといったケースも出てくるのです。さらに、ハクビシンの糞尿からハエやノミ、ダニなど別の害虫も発生してしまい、さらに被害が拡大します。衛生的にも大きなトラブルに発展するのです。ハクビシンが家屋の中にいることがわかったら、すぐにハクビシン駆除をすることが重要です。時間を置いてしまうと、さまざまな被害が拡大しています。さらにハクビシンが巣を作り、子供を産み繁殖していくと、さらに取り返しがつかないことになっていくでしょう。ハクビシン駆除を必要としている人たちは、自然が豊かな場所に住む人たちだけではありません。都会に暮らす人たちの家屋にもハクビシンは住みつくことがあるのです。都会の住宅街でもその被害は拡大しているといいます。ハクビシン駆除に大切なのは、駆除を行うスピードです。匂いや音で比較的ハクビシンがいることに気づくことができるので、わかった時点ですぐにハクビシン駆除の対応をすることが重要です。